白髪染め初心者に必要な白髪染めの知識

白髪が生える場所は?

そもそも白髪は老化現象とも言いますが、何が老化するのか知らない方が多いです。
そもそも髪は白色ですが、若い時はメラニン色素が十分あるので、その色素が髪に色をつけてはえてきます。
加齢やストレスなどの環境によってメラニン色素がなくなることで元々の白色の髪に戻ってはえてくるのが白髪です。
若白髪というのは遺伝もありますが、環境の影響も大きいでしょう。
では、はえてくる場所ですが、最初は髪の毛の中にちらほらから始まりますが、だんだん多くなると、耳の上やこめかみから生え始めるあたりが多くなります。
髪の毛をかきあげたり、アップなどのヘアアレンジをすると目立つという状態になります。
その状態であればポイント用の白髪染めか白髪カバー液を使用しても良いでしょうが、量が増えてくると毎日カバーするのは手間でもあり、また手に液がつくこともあるので、それならいっそ白髪染めをした方がお手軽になります。

白髪を染める頻度は?

では、白髪染めをする頻度ですが、髪の毛の生えるスピードによっても異なります。
生え始めであれば頻繁でなくても問題はないでしょうが、ある程度目立つようになればだいたいのペースとしては1ヶ月~1ヶ月半のペースで染めるのが違和感なくキレイな色の状態を保てます。
つまり、だいたいの頻度通りにこだわらなくても髪の毛をかきあげたり鏡を見たときに気になると感じるタイミングにあてると良いでしょう。
しかし、白髪染めの中には頭皮や髪を痛めるタイプのものもあります。
一瞬髪の毛は染まっても、知らず知らずのうちに髪の毛にダメージを与えてしまい、結果として白髪をさらに誘発してしまうということもありえます。
だからこそ白髪染め選びはとても大切と言えます。

ヘナと白髪染めの違いは?

では、白髪染めにはどのような種類があるのでしょうか。
まず、大きく分けると「脱色系の白髪染め」「トリートメント使用の白髪染め」「ヘナ」です。
一番よく染まるのは「脱色系の白髪染め」です。
こちらは黒髪も白髪もともに染めてくれるので、とてもよいですが、頭皮へのダメージがとても大きいタイプの白髪染めです。
「トリートメント使用の白髪染め」は黒髪は染まらないのですが、頭皮へのダメージは少ないです。
では「ヘナ」は、天然のもので染めるので一番頭皮に優しく、敏感肌の方にもオススメの白髪染めですが、人によっては染まらない方もいるくらい染める力は弱いです。
こうしてみると、トリートメント使用の白髪染めが一番オススメではないでしょうか。
また、最近では、シャンプータイプの白髪染めもでてきています。
シャンプーの割には少し割高ですが、日々の中で染めていけるので、時間や手間を考えるととてもありがたい白髪染めと言えます。

白髪染めの染め方

自宅で白髪染めを行うとなると美容院で行うのと違って村ができたりきれいに染まらないということがあり得ます。これは市販されている白髪染めが悪いというわけではなく、はっきり言うと染め方のテクニックの問題であることが多いです。そうであれば染め方のテクニックさえしっかりと学んでいけば自分だけでも十分に染めることができます。

部位によって染まりやすいところとそうでないところがある

白髪染めを行う時にはどうしても部位によって染まりやすいところと染まりにくいところが出てきます。自分でやった時にも最初に塗った部分と最後に塗った部分とでは時間のずれが出ていき、それだけでも染まりやすさが違ってきます。

白髪が多い部分というのは特に染まりにくかったりしますので、そういうところか先に塗るなどの工夫をしたらいいでしょう。もみあげ部分やこめかみ部分はなかなか染まりにくいために、一番最初に塗っていくといいでしょう。その次には髪の分け目や襟足、根元などに塗って、最後に頭頂部や後頭部、毛先などに塗るのがベストです。

頭頂部や後頭部と言った広範囲を染める場合にはシェルタイプや泡タイプ、トリートメントタイプの白髪染めのほうが全体に行き通りやすいので染めやすくなります。逆に部分的に染めたいのであればクリームタイプをピンポイントに使用していけばいいです。

量をたっぷりとつける

白髪染めは髪の毛や頭皮に悪いからと言ってあまり量を付けないという人もいるかもしれませんが、その場合は仕上がりがいまいちで何回も続けて白髪染めを行う方がダメージが残ります。量についてはなるべく多く付けた方がよく、特に染まりにくい部分には多めに付けた方がいいでしょう。

うまく染めることができない場合

放置時間を長くしたり温度を高くしたとしても白髪がうまく染まらないという場合は、白髪染めのタイプがあっていないということが考えられます。あまり染まらないという場合は色味を変えるとうまく行く場合があります。色味が暗いものだとなかなか染まりにくいという傾向がありますので、明るめのものにしたほうが良かったりします。

白髪染めには部位に応じたきちんとした染め方がある

白髪染めがうまく行かないという場合は大抵の場合自分の染め方が悪かったりしますので、きちんとした染め方を上記を参考に学んだほうがいいでしょう。白髪染めには部位に応じて適した染め方がありますので、それをきちんとやっていく必要があります。

新着情報

◆2016/04/07
白髪染め初心者に必要な白髪染めの知識の情報を更新しました。
◆2016/04/04
頭頂部を染めたい場合を新規投稿しました。
◆2016/04/04
生え際部分を染めたい場合を新規投稿しました。
◆2016/04/04
後頭部を染めたい場合を新規投稿しました。
◆2016/04/04
もみあげ部分を染めたい場合を新規投稿しました。